お導き あるいはクラッシュ

2018/11/11
ロゴ

2005年の映画「クラッシュ」。監督はポール・ハギス。

 クリスマスを間近に控えたロサンゼルス。

1つの交通事故を起点に、

多民族国家であるアメリカで暮らす

様々な人々を取り巻く

偏見・レイシズムを下敷きに、

オムニバス的ではあるのだが、

そのひとつひとつが微妙に絡み合っている、

つまり「クラッシュ」しているという

なかなか手の込んだ映画である。

 

その作り方によるものか、

あるいは、テーマ性の事情のせいか、
本命と称されていた

『ブロークバック・マウンテン』を押さえ、

78回アカデミー賞作品賞を受賞した。

 


 ロサンゼルスからはほど遠い

日本ではあるが、

「クラッシュ」のような繋がりがあるのだろうか。

おそらく、仏教圏の本国では、

それを「クラッシュ」とは言わずに

「お導き」というのじゃないか。

あるいは「因果応報」とか言っている。

 



 今朝、一ダース買ってある、

炭酸飲料を仕事場に持っていくとき、

キャップを軽くしめていたおかげで、カバンにこぼしてしまった。


 まいったな、細野商店の帆布である。

汚したくない。

が、甘ったるい液体がその布にしみこんでゆくので、

しかたなく、わたしは、新品のタオルで拭き拭き車に乗った。


 車にタオルなんてめったに

持っていったことなんてない。

 

そういう意味では、非日常的なことなのだ。


 きょう、学校は昼で終わりだったから、

昼休みに学校を後にした。

そのときだ、体育館に駆け込んでゆく女生徒。


「ジージ、帰っちゃだめ。バレーボールやるよ」


 ご存じかどうかは知らぬが、

わたしは、学校では「ジージ」と言われている。

つまり、すでに「終わった人間」ということである。


「はやく、はやく」


 琴音と舞子がわたしを呼ぶので、

わたしもバレーボールは嫌いじゃないから、

靴下になり、ワイシャツのままわたしたちは

6人でトス・パスをした。

新築の体育館は、床がピカピカで気持ちよかった。



おかげで、わたしは汗だくである。


 体育館を後にしたとき、

もうワイシャツはすこし重くなっている気がした。

車にもどって汗の引くのを待った。

 

ん。あ。タオルがある。


おう、これは好都合じゃないか。

わたしは、頭から首筋、

顔と後部座席に置いてあったタオルでしっかりとぬぐう。
 そーか、きょう、炭酸をこぼしてタオルを車に入れたのは、このためだったのか。


 すべては、お導き、

クラッシュして世の中はうごいているのであった。

短歌一首

・お導きわたしは生まれたわけじゃない窓にぶつかるショウジョウトンボ